いま何時?ケーキはいくつ?ぼくの周りは『数』がいっぱい!
教育内容
募集要項
数教育

生活の中にある『数』の世界

子どもは生活の中で様々な「数」に出会い、必要に応じて数を獲得していきます。
それを整理しやすくしたものが『数の教具』です。
りんごの木、赤青棒、つむ棒箱、百並べ板…。数の教具は数量意識の経験を段階をおって積み重ね、数概念へと導きます。数のカードなどを使って行う銀行遊びは、数を扱えるようになった子どもたちのお気に入りの遊びです。

赤青棒 十進法(ビーズとカードの一致) 銀行あそび